ロゴ
HOME>Column>webディレクターは派遣で働ける?自分に合った働き方を探す

webディレクターは派遣で働ける?自分に合った働き方を探す

WEBサイト

派遣のほうが採用されやすい

web業界と聞くと、高度な技術や専門知識がないと働けないというイメージが定着しています。しかし、そんなweb業界で、未経験歓迎の求人が目立つ仕事があります。それが、webディレクターです。webディレクターは、異業種からの転職も多いのが特徴です。この仕事の働きは様々ですが、特に最初は派遣社員と働くことをお薦めします。派遣で働くことのメリットは、担当者が間に入ることで、事前に会社の雰囲気や、分からないこと、不安に感じていることを相談することができます。また、未経験でもやる気があれば、比較的採用されやすく、研修がしっかりしている会社もあります。また、派遣会社を通すことで複数の企業の中から、一番関心のある仕事を選ぶことができます。経験を積むことが求められる仕事なので、積極的に様々な仕事に応募してみることが大切です。

WEBDESIGN

知識やスキルを十分にアピールしよう

webディレクターは、主にプロジェクトの進行と管理を任されます。実際のweb制作業務は、webデザイナーなどのクリエイターに任せることになります。webディレクターに求められることは、クライアントと現場スタッフ両方にしっかり耳を傾け、円滑にプロジェクトを進められるよう指揮することです。また、納期までに確実に業務を進められるようにスケジュール管理をしっかり行うことです。そして、チャレンジ精神を持って前向きに取り組める方も求められています。また、WordやExcelなど最低限のパソコンスキルがある方は、提案書や企画書などを作成できるため、アピールポイントの一つとなります。様々な分野に興味関心を持ち、周りを力強く引っ張るリーダーシップ能力がある方もwebディレクターには向いています。派遣会社での面接時は、このようなことを踏まえて、自己アピールすることが大切です。