ロゴ
HOME>Column>貿易事務で働こう!どんな人が向いている仕事なのか調べよう

貿易事務で働こう!どんな人が向いている仕事なのか調べよう

事務員

英語が得意な人は十分に能力が活かせる

現在の日本では英語力がもてはやされていて、ビジネスでTOEICの高スコアを要求されることもありますが、実際の現場ではあまり使わないケースも多いです。そのため、せっかく頑張って会得した英語力を使えずに、努力が無駄になったと感じる状況の方もいるでしょう。もしも、その能力を使って仕事をしたいのなら、世界を相手にする貿易事務にチャレンジすることおすすめします。手続きや書類作りのために必要なので、英語力がある方にはピッタリの仕事だといえます。なお、貿易事務の仕事がまったく分からない方は、就職できないと考えるかもしれません。しかし、英語力さえあれば、未経験者でも大丈夫なところがあるため、そちらを探して応募してみましょう。

物流

経験がなくても研修があるから安心

英語力があったとしても、貿易事務に関する知識がなければ、仕事をすることはできません。そのため、未経験者でも大丈夫なところは、現場で活躍するために必要な知識を、事前にきちんと学べる研修を用意してくれています。貿易事務の仕事を覚えるよりも、英語力を得ることの方がずっと難しいので、このシステムは理にかなっているといえます。もちろん、すべての貿易会社が研修を行っているわけではなく、働きながら覚えるところもあるでしょう。そのため、挫折せずに頑張れるか不安なら、研修制度を設けているところを探して応募するとよいです。派遣会社も研修を行っているケースが多いので、そちらも選択肢に入れて、自分の英語力を活かせる仕事場を見つけましょう。